アレクサンダーテクニーク〜ベリーダンス編〜

今日はずっと〜気になっていたアレクサンダーテクニークを用いたベリーダンス編のワークショップが神戸であったので参加してきました!
アレクサンダー・テクニークは、何か特別なことをするのではなく、日常生活においてからだに余計な緊張・負荷をかけず、怪我や痛みを解消する身体の使い方メソッドです。このメソッドがダンスに応用されており、「どうやったら力を抜いて踊れるのか」「もっと楽に踊りたい」などなど。。私にとってとっても興味深い内容でした。

最初にベリーダンサーが持つお悩みをそれぞれ紙に書いて提出します。私の質問は、「骨盤の可動域を上げるためには」「力を抜いて踊るには?」など。他の方からは、「どうやったらシミーが持続するか」「バランスの取り方」「アンジュレーションをやりながらシミーをするには」などなど。どの質問もベリーダンサーにとっては聞きたいお悩みでした。

今まで私は、「あの動きがやりたいのになかなかできない!」と思うと、その部分に使う筋肉を鍛えたり、必死に練習をしたりする日々でした。もちろん練習や筋トレも必要ではあるけれど、アレクサンダーテクニークは、直接筋肉に働きかけるのではなく、「骨と関節」「動き」に意識を向けること。心と身体の連動。後者の方はなんとなく、理解もしやすく自分の身体の意識で変わっていきやすいように思います。あと大切なことは、一度出来ないことを忘れて体を解放してあげる。体をリセットすることで色々な変化に気づかされました。

そしてこのメソッドが一番注目している「頭と脊椎の関係性」
これが頭ではなんとなく理解できても身体で表現することがムズカシイ!
長年ついた身体の癖や習慣が私のダンスの邪魔をするのです(涙)
踊っている時、アイソレーションをしている、何をしている時も頭の動きを止めないでいること。身体は繋がっているということを更に認識させてもらいました。頭がとまると筋肉が固まり、緊張し、動作が硬く見えてしまう。これを取っ払うことができればもっと自由に踊れるはず!そしてこの関係性がずっと悩まされている首の痛みも解消するキーとなりました!

自分がこれからもずっと踊り続けていける身体づくり、パフォーマンス向上にも指導のためにもとっても為になるWSでした。家に帰ったらそっこうアマゾンで本も購入してしまいました!少しずつ理解して自分の身体と指導の為になればクラスでシェアしていきたいな。

開催してくださったMarwaさんからお写真頂きました。 もっと踊りと身体の追求をしていきたいと思う貴重な時間をありがとうございました!

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください